憧憬の地 ブルターニュ

開催趣旨

19世紀後半から20世紀にかけ、各国の画家たちがフランス北西端のブルターニュ地方を訪れ、この地を多くの作品に描きとめました。本展では国立西洋美術館の「松方コレクション」をはじめ、国内美術館や個人コレクションおよそ30か所からブルターニュを表した作品約160点を選りすぐり、それぞれの画家たちがこの地に何を求め、見出したのかを探ります。さらに、同じころブルターニュを訪れた日本の画家たちにも注目する初の展覧会となります。

開催概要

  • 展覧会名

    憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷
    La Bretagne, source d’inspiration : regards de peintres français et japonais

  • 会期

    2023年3月18日(土)― 6月11日(日)

  • 会場

    国立西洋美術館(東京・上野公園)
    〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
    公式サイト https://www.nmwa.go.jp

  • 主催

    国立西洋美術館、TBS

  • 協賛

    大和ハウス工業、DNP大日本印刷

  • 協力

    西洋美術振興財団

  • お問い合わせ

    050-5541-8600(ハローダイヤル)

  • プレスの方のお問い合わせ

    広報事務局(N&A内)担当:鎌倉、藤村
    MAIL:bretagne2023-pr@nanjo.com
    Tel:03-6261-5784 Fax:03-6369-3596
    (平日9時30分-17時30分)